誰もが安心して住み続けられるまちづくり

東京ほくと医療生協

理事長のごあいさつ

imaizumidr
東京ほくと医療生活協同組合
理事長 今泉貴雄

 

    自然災害には逆らえないが
    人的要素はできるだけ避ける努力を

    9月22日 理事会

    9月は防災月間

    • 今年は自然災害が多い年だなと思います。この夏での出来事だけでも、大阪の地震があったなと思ったら、広島を中心にして西日本での豪雨被害がありました。またその復興もまだまだ途中での台風21号での被害、そしてすぐに北海道での地震。本当に立て続けに起きております。災害に合われた方々には、早い復興を祈ってやみません。また今年は酷暑による熱中症の患者さんも多く、亡くなられる方もおられたことも毎日のようにニュースになっておりました。
       今後日本では、地球温暖現象により、平均気温のさらなる上昇があり、それに関連して、日本にくる台風の大型化が言われております。
       また日本は東日本大震災以降、地震の活発な時期に入っているとのことで、今後首都圏での直下型地震も懸念されております。そんな中、行政・医師会でも防災に関連しての訓練、準備も行われております。当院でも地域の医療機関として、それなりの対応が求められておりますし、そのための準備、訓練、またそれに対してのマニュアル等の作成等進めていく必要があります。今後当院での対応について説明できればと思います。
  • 良寛説法

    • ところで江戸時代の禅僧で、皆さんが名前を聞いたことのある良寛さんは、災害に遭わない法として次のような言葉を残しております。『災難に合う時節には、災難に遭うがよく候、死ぬ時節には死ぬがよく候。是はこれ災難をのがるる妙法にて候』この言葉は、新潟県三条市付近で起きた大地震の際に、震災で子どもを亡くした知人とやりとりした手紙の中の文章とされております。
       この言葉を、皆さんはどのように解釈されますか?
      実際に災害に遭われて苦しんでいる方々が受け取ると、お怒りになってもおかしくない言葉に思えてします。自分ではこの解釈を皆様に誤解のないように伝えることが困難なので、これ以上は言いませんので、皆さんなりに考えてみてください。
  • 災害には人的要素がある

    • 私たちは、自然災害が発生することは逆らえないことであること。そして実は災害には人的要素が多々あることを認識することが必要です。そのことは避けることができるものがあることを示しており、そのことを認識して来るべき災害に備えていかなければならないと思います。
       そんなことを思いつつ、我が家にも東日本大震災後に共済か何かでいただいた非常袋なるものがあり、見直してみました。その中には期限のきれた非常食がありました。備えつつ、点検していくことも重要です。さて皆さんの家ではいかがでしょうか?防災月間、皆様の日々の中に位置づけられているでしょうか?

 

概要

法人名 東京ほくと医療生活協同組合
住 所 〒114-0003東京都北区豊島3-4-15 本部総務部
連絡先 TEL 03-3927-8864(代表) / FAX 03-3927-9750
事業所一覧
病院(1)、診療所(8)、歯科(1)
王子生協病院、生協北診療所、生協浮間診療所、赤羽東診療所、鹿浜診療所、江北生協診療所、北足立生協診療所、荒川生協診療所、汐入診療所、生協王子歯科
訪看ST(5)
王子訪問看護ST、十条訪問看護ST、たんぽぽ訪問看護ST、虹の訪問看護ST、訪問看護STなでしこ
ヘルパーST(2)
ヘルパーSTのぞみ、ヘルパーST虹
居宅介護事業所(3)
居宅ハピネス、地域ケアセンターわかば、地域ケアセンターはけた
福祉用具レンタル(1)
福祉用具サービス ハピネス
通所リハビリ(2)
荒川生協診療所通所リハビリ、鹿浜診療所通所リハビリ
デイサービス(2)
荒川生協診療所あらかわ虹の里、デイサービスセンターなでしこ
施設介護(2)
認知症対応型グループホーム ほくと ひまわりの家、都市型軽費老人ホームほくと西尾久虹の家
※病院 159床
(回復期リハビリ病棟42床、緩和ケア病棟25床、一般急性期病棟47床、障がい者病棟28床、地域包括ケア病床17床)
定款
生協概要 組合員数:32,572人
出資金額:15億5,500万円
支部数:37支部 
班数:430班
機関紙名:「東京ほくと」 月1回発行
機関紙配布者数:1,433名(手配り配布率 89%)
(2018年10月1日現在)
組織運営
1)総代会(年1回 6月)総代300名
2)理事38名 監事5名
3)理事会(月1回)

無料法律相談会

開催日と開催場所は、
東京ほくとからのお知らせ・新着情報を
参照してください(随時更新)

東京ほくと医療生活協同組合は、東京北法律事務所のご協力で無料法律相談会を開催いたします。相続、借地借家、債務整理など、民事に関わることの相談に対応いたします。東京ほくと医療生活協同組合の組合員(医療生協に加入されている方)が対象となります。相談にあたりましては、事前の予約が必要です。相談時聞は一人あたり45分程度となります。

  • 費用は無料です。
  • 継続して法律相談をされる場合は有料となる場合があります。
  • 利用できるのは東京ほくと医療生協の組合員です。
  • 完全予約制です。
  • 事前の予約が必要です。予約先(03)3927-8864(法人総務部)