誰もが安心して住み続けられるまちづくり

東京ほくと医療生協

理事長のごあいさつ

imaizumidr
東京ほくと医療生活協同組合
理事長 今泉貴雄

 

    この8月に思う
    忘れてはならないこと

    8月1日 理事会

    • 総代会から1ヵ月、いろいろなことがありました。7月初めに西日本を中心に、記録的な豪雨で大規模な水害が生じ、200人を超える方が亡くなりました。まだまだ避難所での生活を与儀なくされている大勢の方がいます。復興には様々な支援が必要です。先日、乾招雄専務理事がボランティアとして参加し、病院で報告会が開かれました。できる人的、金銭的な支援は、法人としても考えていきます。
       平成の大事件であった地下鉄サリン事件の死刑囚に刑が執行されました。犯行に関わった人たちは、私とほぼ同じ世代であり、しかも高学歴です。刑が執行されても、この事件は忘れてはならないと思います。
  • 戦争体験者の話

    • 8月に入りました。6日、9日の原爆投下、そして15日の終戦の日を迎えます。この戦争について、親から当時どうであったか、聞くことがありました。親は関東の田舎で、尋常小学校に通う子どもでした。空襲警報がだされ防空壕に逃げ込んだこと、近くの街が空襲にあい、夜空が赤くなって見えたこと、あと少し戦争が長引けば、親も兵隊に行ったかもしれないなどと話してくれました。
       終戦を迎え、73年目になります。私のように戦争を体験していなくても親から直接戦争当時の話を聞いている方は、おそらく50歳くらいまでの方になるのかな、と思います。私が医師になりたての頃には、戦争当時の状況を話してくれる方がおられましたが、最近では少なくなったと感じております。
       被ばく者の方(東友会)で、東友会の方、他の区から毎月1回定期的に通院されていました。8月になると、引き続き広島での被ばくのことを話されておりました。もちろん外来での1コマですので、ごくごく簡単な話です。私にとっては、被爆者が身近にいることで、貴重な経験でした。しかし、もうその話も聞くことができなくなりました。今年に入り、認知機能の低下が生じたことで、王子生協病院への通院ができなくなり、近所の病院に切り替わってしまいました。
  • 実体験から学ぶ

    • 様々な災害、事件などが生じた際に、記憶を風化させないことの重要性が言われます。私たちは映像や本などのメディアを通じて、または遺物を見たりすることで記憶に留めています。ただしそのこと以上に実際に経験された方に直接話を聞くことは大変印象に残ります。
       そのことを思うと、この終戦後73年の年月を経たことは、戦争を経験された方の直接の話を聞くことができる機会がそう長くは残されていないことを改めて考えさせられました。
       そのような想いをもって今年の原水禁大会やピースアクション㏌ヒロシマに参加される方も貴重な体験になるように送り出したいと思います。

 

概要

法人名 東京ほくと医療生活協同組合
住 所 〒114-0003東京都北区豊島3-4-15 本部総務部
連絡先 TEL 03-3927-8864(代表) / FAX 03-3927-9750
事業所一覧
病院(1)、診療所(8)、歯科(1)
王子生協病院、生協北診療所、生協浮間診療所、赤羽東診療所、鹿浜診療所、江北生協診療所、北足立生協診療所、荒川生協診療所、汐入診療所、生協王子歯科
訪看ST(5)
王子訪問看護ST、十条訪問看護ST、たんぽぽ訪問看護ST、虹の訪問看護ST、訪問看護STなでしこ
ヘルパーST(2)
ヘルパーSTのぞみ、ヘルパーST虹
居宅介護事業所(3)
居宅ハピネス、地域ケアセンターわかば、地域ケアセンターはけた
福祉用具レンタル(1)
福祉用具サービス ハピネス
通所リハビリ(2)
荒川生協診療所通所リハビリ、鹿浜診療所通所リハビリ
デイサービス(2)
荒川生協診療所あらかわ虹の里、デイサービスセンターなでしこ
施設介護(2)
認知症対応型グループホーム ほくと ひまわりの家、都市型軽費老人ホームほくと西尾久虹の家
※病院 159床
(回復期リハビリ病棟42床、緩和ケア病棟25床、一般急性期病棟47床、障がい者病棟28床、地域包括ケア病床17床)
定款
生協概要 組合員数:32,601人
出資金額:15億6,028万円
支部数:37支部 
班数:430班
機関紙名:「東京ほくと」 月1回発行
機関紙配布者数:1,433名(手配り配布率 89%)
(2018年8月1日現在)
組織運営
1)総代会(年1回 6月)総代300名
2)理事38名 監事5名
3)理事会(月1回)

無料法律相談会

開催日と開催場所は、
東京ほくとからのお知らせ・新着情報を
参照してください(随時更新)

東京ほくと医療生活協同組合は、東京北法律事務所のご協力で無料法律相談会を開催いたします。相続、借地借家、債務整理など、民事に関わることの相談に対応いたします。東京ほくと医療生活協同組合の組合員(医療生協に加入されている方)が対象となります。相談にあたりましては、事前の予約が必要です。相談時聞は一人あたり45分程度となります。

  • 費用は無料です。
  • 継続して法律相談をされる場合は有料となる場合があります。
  • 利用できるのは東京ほくと医療生協の組合員です。
  • 完全予約制です。
  • 事前の予約が必要です。予約先(03)3927-8864(法人総務部)