誰もが安心して住み続けられるまちづくり

東京ほくと医療生協

理事長のごあいさつ

imaizumidr
東京ほくと医療生活協同組合
理事長 今泉貴雄

 

  • 新型ウィルス感染症対策を強めながら迎える新年度

     

    今年は例年になく暖かい冬であったこともあり、例年より早く桜が開花。春になってきたことを実感します。
    この一ケ月、新型コロナウイルス感染症のことでいろいろ心配な状況が続いています。行政からいろいろ対策がだされていますが、好転するどころか、ますます広がっている状況です。情報も日々変化する状態で、法人内でも委員会で対策をねっています。
    診療は指定された医療機関のため、王子生協病院では検査は行えず、診断された患者さんの入院対応は行っていません。しかし、地域に患者さんがでているという情報をみると、いずれは当院でも対応していかなければならないと思います。
  •  

    感染症拡大の余波広がる

     

    感染症そのものに対しての不安は別として、感染が拡大する中で様々な問題が生じています。感染症に対応した医療スタッフやその家族への嫌がらせ、海外で日本人が暴行を受けるなど、差別・偏見が見られます。
    マスク、アルコール消毒液不足は相変わらずですが、デマからトイレットペーパーなどの不足も生じています。また3月に入るとすぐに学校休校となり、各集会・イベントが中止になりました。当法人も、感染防止の観点から映画上映と大人数の集会は中止にしています。東京民医連も3月に予定していた総会を延期しました。
    観光地をはじめ、飲食店での客が減り、流通への影響や株価の下落など大きな経済的影響が出ています。一刻も早く収束に向かってほしいと思います。
  •  

    合理的思考で人間性と社会を守る

     

    この感染症は日本だけでなく、全世界に広がっています。イタリアでも休校の処置がとられたようで、ある高校の先生が生徒に向けてメッセージを寄せたことが話題になっています。
    ミラノのアレッサンドロ・ヴォルタ高校のドメニコ・スキラーチェ先生は、1630年にミラノを襲ったペストの流行について書かれたマンゾーニの「いいなづけ」を紹介しながら、生徒に呼びかけました。
    「冷静さを保ち、集団のパニックにまきこまれないこと、そして予防策を講じつつ、いつもの生活を続けてください。・・・この手の危機に打ち勝つ際の最大のリスク (中略) は社会生活や人間関係の荒廃、市民生活における蛮行です。見えない敵に脅かされたとき、人はその敵があちこちに潜んでいるかのように感じてしまい、自分と同じような人々も脅威だと、潜在的な敵だと思い込んでしまう、それこそが危険なのです。・・・合理的な思考で私たちがもつ貴重な財産である人間性と社会を守っていきましょう。それができなければ、本当に『ペスト』が勝利してしまうかもしれません」
  •  

    新入職員迎え心新たに

     

    感染症に関してはやはり外来を中心にして大きな影響を受けています。しかし今後の広がり如何によってはさらに大きくなるかもしれません。先の言葉をむねに冷静に対応していきます。
    新たな職員を迎えての新年度になります。心新たにむかえていきたいと思います。

概要

法人名 東京ほくと医療生活協同組合
住 所 〒114-0003 東京都北区豊島3-4-15 本部総務部
連絡先 TEL 03-3927-8864(代表) / FAX 03-3927-9750
事業所一覧
病院(1)、診療所(7)、歯科(1)
王子生協病院、生協北診療所、生協浮間診療所、鹿浜診療所、江北生協診療所、北足立生協診療所、荒川生協診療所、汐入診療所、生協王子歯科
訪看ST(5)
王子訪問看護ST、十条訪問看護ST、たんぽぽ訪問看護ST、虹の訪問看護ST、訪問看護STなでしこ
ヘルパーST(2)
ヘルパーSTのぞみ、ヘルパーST虹
居宅介護事業所(3)
居宅ハピネス、地域ケアセンターわかば、地域ケアセンターはけた
福祉用具レンタル(1)
福祉用具サービス ハピネス
通所リハビリ(2)
荒川生協診療所通所リハビリ、鹿浜診療所通所リハビリ
デイサービス(2)
荒川生協診療所あらかわ虹の里、デイサービスセンターなでしこ
施設介護(2)
認知症対応型グループホーム ほくと ひまわりの家、都市型軽費老人ホームほくと西尾久虹の家
※病院 159床
(回復期リハビリ病棟42床、緩和ケア病棟25床、一般急性期病棟47床、地域包括ケア病棟45床)
定款
生協概要 組合員数:32,267人
出資金額:15億4,575万円
支部数:37支部 
班数:430班
機関紙名:「東京ほくと」月1回発行
機関紙配布者数:1,433名(手配り配布率 89%)
(2020年2月1日現在)
組織運営
1)総代会(年1回 6月)総代300名
2)理事38名 監事5名
3)理事会(月1回)
次世代育成支援
「行動計画」

無料法律相談会

開催日と開催場所は、
東京ほくとからのお知らせ・新着情報を
参照してください(随時更新)

東京ほくと医療生活協同組合は、東京北法律事務所のご協力で無料法律相談会を開催いたします。相続、借地借家、債務整理など、民事に関わることの相談に対応いたします。東京ほくと医療生活協同組合の組合員(医療生協に加入されている方)が対象となります。相談にあたりましては、事前の予約が必要です。相談時聞は一人あたり45分程度となります。

  • 費用は無料です。
  • 継続して法律相談をされる場合は有料となる場合があります。
  • 利用できるのは東京ほくと医療生協の組合員です。
  • 完全予約制です。
  • 事前の予約が必要です。
    予約先(03)3927-8864(法人総務部)