誰もが安心して住み続けられるまちづくり

東京ほくと医療生協

理事長のごあいさつ

imaizumidr
東京ほくと医療生活協同組合
理事長 今泉貴雄

 

  • 新型ウィルス感染症で混乱

     

    立春も過ぎて、だんだんと春めいてきています。今年は特に暖冬です。
    さてこの間のニュースの話題では新型コロナウイルスによる感染症につきると思います。事態はより深刻になっています。国は今、武漢からの帰国者を施設内にとどめたり、乗客に感染者が確認されたクルーズ船ではすべての乗客、乗員を船内にとどめたりと、いわゆる水際対策を主に行っておりますが、感染症の専門家の中からは、その次のレベルでの対策を講じていく必要がある、との声も聴かれております。和歌山県やタクシー運転手の感染者が出たこともあり、その感染経路はいかなものであったのか、不安はつきません。
  •  

    偏見や差別のない、冷静な対応を

     

    拡大していく中で、症状などに関しても明らかになってきており、自分たちは正しい知識で、不安に駆られることなく、冷静に対応することが必要であると思います。
    また感染症が広がる中で、中国からの旅行者や、中国へ旅行して帰ってきた人への偏見、差別的対応がみられること、それが学校ではいじめなどの行為になっていることも報道でされております。またマスクの需要が増え、品薄になっています。ネットでは通常の何倍もの値段で取引されることもあり、資本主義社会とはいえ、違和感を通り越して、憤りも感じます。
    そのほか、感染により日本国内では観光業界が影響を被り、中国での製造が滞ることでの経済的ダメージが懸念されるなど、その影響は様々な面に至ります。今後どのように広がり、終焉までどのくらいか、まだ不明です。いずれにしてもこれ以上拡大することなく、早く落ち着いてくれることを祈るばかりです。
    なお日本国内で感染の可能性がある方はまず保健所に相談し、診療を担う病院が決められていますので、そこでの対応になります。当法人としての対応ですが、診療にあたっては、行政・医師会からの情報をもとに対応を行うことが基本となりますが、感染が拡大をしていくなか、迅速にかつ的確に対応を行うべく、法人内対策会議で対策を講じていくこととしています。
  •  

    地域から求められる医療・介護活動を

     

    話題を変えますが、今年度もあとわずかです。今、法人での次年度の予算方針を立てている最中です。この4月に診療報酬の改訂がありますが、その内容によっては経営的な影響をうけますので、不安がつきません。
    病院は入院機能を生かしていくこと、また診療所・外来は地域のニーズに合わせて組合員から支持される外来をめざすこと、特に高齢社会にむけて訪問診療重視、強化をしていくこと。以上のようなことが柱になると考え、私たちは医療活動を進めていきます。また介護に関しては、地域の他の事業所との連携を通じて、組合員が生活し続けることが可能な社会づくりの一員として活動することを基本としています。

概要

法人名 東京ほくと医療生活協同組合
住 所 〒114-0003 東京都北区豊島3-4-15 本部総務部
連絡先 TEL 03-3927-8864(代表) / FAX 03-3927-9750
事業所一覧
病院(1)、診療所(7)、歯科(1)
王子生協病院、生協北診療所、生協浮間診療所、鹿浜診療所、江北生協診療所、北足立生協診療所、荒川生協診療所、汐入診療所、生協王子歯科
訪看ST(5)
王子訪問看護ST、十条訪問看護ST、たんぽぽ訪問看護ST、虹の訪問看護ST、訪問看護STなでしこ
ヘルパーST(2)
ヘルパーSTのぞみ、ヘルパーST虹
居宅介護事業所(3)
居宅ハピネス、地域ケアセンターわかば、地域ケアセンターはけた
福祉用具レンタル(1)
福祉用具サービス ハピネス
通所リハビリ(2)
荒川生協診療所通所リハビリ、鹿浜診療所通所リハビリ
デイサービス(2)
荒川生協診療所あらかわ虹の里、デイサービスセンターなでしこ
施設介護(2)
認知症対応型グループホーム ほくと ひまわりの家、都市型軽費老人ホームほくと西尾久虹の家
※病院 159床
(回復期リハビリ病棟42床、緩和ケア病棟25床、一般急性期病棟47床、地域包括ケア病棟45床)
定款
生協概要 組合員数:32,267人
出資金額:15億4,575万円
支部数:37支部 
班数:430班
機関紙名:「東京ほくと」月1回発行
機関紙配布者数:1,433名(手配り配布率 89%)
(2020年2月1日現在)
組織運営
1)総代会(年1回 6月)総代300名
2)理事38名 監事5名
3)理事会(月1回)
次世代育成支援
「行動計画」

無料法律相談会

開催日と開催場所は、
東京ほくとからのお知らせ・新着情報を
参照してください(随時更新)

東京ほくと医療生活協同組合は、東京北法律事務所のご協力で無料法律相談会を開催いたします。相続、借地借家、債務整理など、民事に関わることの相談に対応いたします。東京ほくと医療生活協同組合の組合員(医療生協に加入されている方)が対象となります。相談にあたりましては、事前の予約が必要です。相談時聞は一人あたり45分程度となります。

  • 費用は無料です。
  • 継続して法律相談をされる場合は有料となる場合があります。
  • 利用できるのは東京ほくと医療生協の組合員です。
  • 完全予約制です。
  • 事前の予約が必要です。
    予約先(03)3927-8864(法人総務部)