誰もが安心して住み続けられるまちづくり

東京ほくと医療生協

理事長のごあいさつ

imaizumidr
東京ほくと医療生活協同組合
理事長 今泉貴雄

 

    将来をのぞむ共通の認識にたち、厳しさを乗り越える

    5月26日 理事会

    • 昨日の午後、訪問診療で外に出ておりました。陽が沈むのがだいぶ遅くなり、もう少しで夏に移るんだな、そんなことを感じております。
       今回は、総代会に向けての最終準備の理事会であります。現在、組合員さんに対して事前説明会が開催されています。そこでは、経営的視点からの対策点を説明しております。経営的課題に対しては次のようになります。
  • 病院

    • 地域での病院のポジショニングを踏まえた議論が重要です。今年6月から6階病棟を地域包括ケア病床としていくこととなりました。これからは、ますます4つの病棟の特徴を活かした運営を行い、ベッド稼働を追及することが必要です。なぜ私たちは、差額ベッド料をいただかないのか、組合員さんの要求にどのような形で応えていくのか?一方この間の経営報告でも赤字であることには間違いなく、経営構造の見直しが必要で、その中で赤字を縮小することが必須です。
  • 診療所

    • 東京ほくとは8診療所を抱えております。各々の運営、体制などには違いがあります。今年4月からは医師体制の問題が生じたことで、赤羽東診療所にかかりつけの患者さん、地域の組合員の方にはご迷惑をおかけしております。ここは、医師体制の問題が大きいとはいえ、他の診療所でも、それぞれの課題について組合員さんとのさらなる連携を深めていくことが重要です。
  • 介護事業所

    • 東京ほくとは医療と介護の複合体ともいえ、それが特徴でもあるでしょう。しかし、今年度改定の報酬では、さらに厳しいものとなりました。これからの介護需要を踏まえると、介護関連の行政のやり方、特に介護報酬に関しては、今後の高齢社会を支えるうえで、はなはだ問題だと言わざるを得ません。そのためには社会への働きかけをますます進めていくことは重要です。
       しかし一方でこの間の経過では、法人として介護事業所は、各々の対策というよりも全体として何ができるか?どうすればいいのか?と考えていくことが必要になっていることも事実です。法人として抜本的に対応の検討をすること、この点に関しては、もう待ったなしと考えます。
  • 組合員と職員ともに

    • 今回は、以上のような個々の事業所での問題以外に、職員の労働条件も将来的な視点からも対応を検討する時期にきていることを明言しました。この問題についても、もう待ったなしで、今から議論をしていくことが必須であるとの認識に立ったということです。
       この点に関しては、職員側からも厳しい意見が出されております。しかし、将来の法人を見据える場合には、共通の認識にたち相互理解し、ともに前進していかなければなりません。職員、組合員さんにていねいに説明していくこと、そのことに尽きると思います。

 

概要

法人名 東京ほくと医療生活協同組合
住 所 〒114-0003東京都北区豊島3-4-15 本部総務部
連絡先 TEL 03-3927-8864(代表) / FAX 03-3927-9750
事業所一覧
病院(1)、診療所(8)、歯科(1)
王子生協病院、生協北診療所、生協浮間診療所、赤羽東診療所、鹿浜診療所、江北生協診療所、北足立生協診療所、荒川生協診療所、汐入診療所、生協王子歯科
訪看ST(5)
王子訪問看護ST、十条訪問看護ST、たんぽぽ訪問看護ST、虹の訪問看護ST、訪問看護STなでしこ
ヘルパーST(2)
ヘルパーSTのぞみ、ヘルパーST虹
居宅介護事業所(4)
居宅ハピネス、地域ケアセンターわかば、地域ケアセンターはけた、居宅介護支援事業所なでしこ
福祉用具レンタル(1)
福祉用具サービス ハピネス
通所リハビリ(2)
荒川生協診療所通所リハビリ、鹿浜診療所通所リハビリ
デイサービス(2)
荒川生協診療所あらかわ虹の里、デイサービスセンターなでしこ
施設介護(2)
認知症対応型グループホーム ほくと ひまわりの家、都市型軽費老人ホームほくと西尾久虹の家
※病院 159床
(回復期リハビリ病棟42床、緩和ケア病棟25床、一般急性期病棟47床、障がい者病棟28床、地域包括ケア病床17床)
定款
生協概要 組合員数:33,449人
出資金額:15億7,458万円
支部数:37支部 
班数:430班
機関紙名:「東京ほくと」 月1回発行
機関紙配布者数:1,433名(手配り配布率 89%)
(2018年2月1日現在)
組織運営
1)総代会(年1回 6月)総代300名
2)理事38名 監事5名
3)理事会(月1回)

無料法律相談会

開催日と開催場所は、
東京ほくとからのお知らせ・新着情報を
参照してください(随時更新)

東京ほくと医療生活協同組合は、東京北法律事務所のご協力で無料法律相談会を開催いたします。相続、借地借家、債務整理など、民事に関わることの相談に対応いたします。東京ほくと医療生活協同組合の組合員(医療生協に加入されている方)が対象となります。相談にあたりましては、事前の予約が必要です。相談時聞は一人あたり45分程度となります。

  • 費用は無料です。
  • 継続して法律相談をされる場合は有料となる場合があります。
  • 利用できるのは東京ほくと医療生協の組合員です。
  • 完全予約制です。
  • 事前の予約が必要です。予約先(03)3927-8864(法人総務部)