誰もが安心して住み続けられるまちづくり

東京ほくと医療生協

理事長のごあいさつ

imaizumidr
東京ほくと医療生活協同組合
理事長 今泉貴雄

 

 

  • 1月26日


     年明け早々に能登半島で地震がありました。多くの人が犠牲となり、家屋の倒壊もあって、避難所での生活を余儀なくされる方々も多くいます。被害に遭われた方々にお悔やみ申し上げるとともに、一日も早い復旧と、安心して生活ができるよう、お祈りいたします。私たちにできることは協力していきたいと思います。



    病院として地震へ備え
    緊急医療救護所の任務


     王子生協病院は、災害時に北区における緊急医療救護所が設けられます。昨年12月に北区保健所と合同で、発災時を想定して医療活動訓練を行いました。
     病院前に受付と診療用テントを設営し、症状の程度を見るトリアージ機能、および軽症者の対応をそこで行います。中等症以上は病院内へ移送し対応することになります。
     訓練ですので、準備し臨んだわけですが、実際に行うと戸惑うこともありました。このような訓練を重ねることで、災害時における対応をできればと思います。職員は災害時における医療機関としての役割を改めて自覚することができたと思います。
     東京で予想される地震における医療機関の役割として、発災直後から数日は、外傷などの対応が主となると思われます。その後は、避難所で過ごす方に多く見られる感染症や、慢性疾患の患者対応などとなります。
     今回は発災直後を想定しての訓練でしたが、災害規模、収束如何では長期化もありえます。対応にあたるスタッフも、被災者対応とともに自身の家や家族対応も重なるなどの課題もあります。長期化の際にできること・しなければならないことをこれから検討していくことになります。



    国内外で懸念材料多く
    コロナ感染者増で注意


     新型コロナが話題に出ることは少なくなりましたが、決してなくなったわけではありません。最近は患者が増えているようで、職員に感染者が出ています。グループホームでも複数の利用者に感染が広がりました。引き続き注意していく必要があります。
     新年を迎え、新たなスタートです。この一年はどのような年になるのでしょうか。
     日本の政治では、政治の金に関わる問題が出ています。大阪万博は来年の開催ですが、盛り上がりに欠けている印象もあります。昨年から懸念されているように、働き方改革などの影響からくる人手不足などもあって、建設が間に合うのかという不安もあります。
     国際的には、アメリカ大統領選挙があり、注目されています。ウクライナへのロシアの侵攻も3年目に入りますが、収束が見えません。ほかにもさまざまな問題・話題のある一年かと思います。



    今年は試される一年に
    職員の認識と団結が鍵


     私たち医療・介護の分野では、診療報酬の改定の年なのでそれを踏まえて法人の諸活動を検討していくことが必要です。それ以外でも、解決すべき課題が多々あり、正念場の一年といえます。
     先日、法人各事業所の役職者に、次年度に向けての学習会と意見交換を行いました。各職員が情勢と法人の置かれた課題を認識し、一致団結してがんばることが必要です。



概要

法人名 東京ほくと医療生活協同組合
住 所 〒114-0003 東京都北区豊島3-4-15 本部総務部
連絡先 TEL 03-3927-8864(代表) / FAX 03-3927-9750
事業所一覧
病院(1)、診療所(7)、歯科(1)
王子生協病院、生協北診療所、生協浮間診療所、鹿浜診療所、江北生協診療所、北足立生協診療所、荒川生協診療所、汐入診療所、生協王子歯科
訪看ST(5)
訪問看護ステーションほくと、サテライト十条、サテライトたんぽぽ、サテライト虹、サテライトなでしこ
ヘルパーST(2)
ヘルパーSTのぞみ、ヘルパーST虹
居宅介護事業所(3)
居宅ハピネス、地域ケアセンターわかば、地域ケアセンターはけた

通所リハビリ(2)
荒川生協診療所通所リハビリ、鹿浜診療所通所リハビリ
デイサービス(2)
荒川生協診療所あらかわ虹の里、デイサービスセンターなでしこ
施設介護(2)
認知症対応型グループホーム ほくと ひまわりの家、都市型軽費老人ホームほくと西尾久虹の家

※病院 159床
(回復期リハビリ病棟42床、緩和ケア病棟25床、一般急性期病棟47床、地域包括ケア病棟45床)

定款
生協概要 組合員数:29,572人
出資金額:14億9,199万円
(2024年1月1日現在)
支部数:37支部 
班数:430班
機関紙名:「東京ほくと」月1回発行
機関紙配布者数:1,433名(手配り配布率 89%)
組織運営
1)総代会(年1回 6月)総代300名
2)理事38名 監事5名
3)理事会(月1回)
次世代育成支援
「行動計画」

無料法律相談会

開催日と開催場所は、
東京ほくとからのお知らせ・新着情報を
参照してください(随時更新)

東京ほくと医療生活協同組合は、東京北法律事務所のご協力で無料法律相談会を開催いたします。相続、借地借家、債務整理など、民事に関わることの相談に対応いたします。東京ほくと医療生活協同組合の組合員(医療生協に加入されている方)が対象となります。相談にあたりましては、事前の予約が必要です。相談時聞は一人あたり45分程度となります。

  • 費用は無料です。
  • 継続して法律相談をされる場合は有料となる場合があります。
  • 利用できるのは東京ほくと医療生協の組合員です。
  • 完全予約制です。
  • 事前の予約が必要です。
    予約先(03)3927-8864(法人総務部)