誰もが安心して住み続けられるまちづくり

東京ほくと医療生協

理事長のごあいさつ

imaizumidr
東京ほくと医療生活協同組合
理事長 今泉貴雄

  • 10月22日


     今年もあと2か月。街なかで年末年始のよそおいも見られます。日は短く、特に仕事帰りには暗くなり寂しさを感じる時期です。一方で、これから街はイルミネーションなどで色づき、心ウキウキする方も多いのではないでしょうか。
      秋は「食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋」と形容する言葉は多いです。今年の秋は天候が不順ですね。



    健康チャレンジの秋
    運動を継続で習慣化


     先日から東京ほくとの健康チャレンジが始まっています。皆さんはどのようなチャレンジをしていますか。
     王子生協病院医局では、数年前から医局員全員で朝礼で体操を行っています。リハビリテーション科スタッフが考えた体操メニューを、森岡良介医師の号令のもと行います。短い時間ですが、一週間一コースで日替わりの腕や腰、脚の運動など多岐にわたります。
     医局で始めるきっかけは数年前の健康チャレンジへのエントリーですが、現在まで継続しています。私の肩が痛かったとき、腕から肩への体操のおかげか、痛みが無くなりました。運動はスポーツとして行うこともいいですが、毎日少しずつ継続することが必要です。
     運動を始める動機はどのようなことでもやり続け、習慣になるかが重要です。そのためにも、楽しく行えればさらにいいですね。



    江戸時代の旅は歩行で
    歩く距離を意識・想像


     以前には万歩計で歩数を記録しましたが、今ではスマホのアプリで万歩計機能があります。そのアプリで見ると、私はこの一年、平均して一日約4㎞歩いていることがわかりました。平均4㎞を毎日歩くと、一年間で約1500㎞になります。この距離は、東京から遠く北海道最北端の宗谷岬まで歩いたことに相当するようです。想像を膨らませると、楽しくなりますね。
     江戸時代、旅行といえば歩いていくしかありませんでした。東海道中膝栗毛や松尾芭蕉の奥の細道を連想します。松尾芭蕉が奥の細道で歩いた距離は約2400㎞だそうです。毎日歩いて、東海道を歩く気分になったり、奥の細道の経路を辿ってみたり…そんな楽しみ方はどうでしょう。



    旅できずとも疑似体験
    励まし合いながら散歩


     この2年半、コロナの感染が広がり、旅行ができずにいます。ここにきて行動制限が緩和され全国旅行支援も始まったとはいえ、感染は収まったわけでもなく、第8波の不安もあります。
     そのため以前のように旅行することは、まだハードルが高いです。毎日歩き積み重ねて到達した地点まで「グーグルマップ」「ストリートビュー」でたどり擬似体験もいいかもしれません。
     習慣化は難しいと感じる方もいるでしょう。仲間がいることが励みになり、結果的に継続していけることもよくあります。一緒にやる、お互い励まし合うことも考えていきましょう。動機づけ、習慣化、仲間と一緒、そんなことが健康チャレンジに込められています。
     私の外来診療では、認知症や認知機能低下について相談されることが多くあります。認知機能へのとりくみとして、できる方には一日30分くらいの散歩を薦めています。健康問題、認知症予防。特別なことが必要でなく、日々の営みでコツコツ行うことが必要です。

概要

法人名 東京ほくと医療生活協同組合
住 所 〒114-0003 東京都北区豊島3-4-15 本部総務部
連絡先 TEL 03-3927-8864(代表) / FAX 03-3927-9750
事業所一覧
病院(1)、診療所(7)、歯科(1)
王子生協病院、生協北診療所、生協浮間診療所、鹿浜診療所、江北生協診療所、北足立生協診療所、荒川生協診療所、汐入診療所、生協王子歯科
訪看ST(5)
訪問看護ステーションほくと、サテライト十条、サテライトたんぽぽ、サテライト虹、サテライトなでしこ
ヘルパーST(2)
ヘルパーSTのぞみ、ヘルパーST虹
居宅介護事業所(3)
居宅ハピネス、地域ケアセンターわかば、地域ケアセンターはけた

通所リハビリ(2)
荒川生協診療所通所リハビリ、鹿浜診療所通所リハビリ
デイサービス(2)
荒川生協診療所あらかわ虹の里、デイサービスセンターなでしこ
施設介護(2)
認知症対応型グループホーム ほくと ひまわりの家、都市型軽費老人ホームほくと西尾久虹の家

※病院 159床
(回復期リハビリ病棟42床、緩和ケア病棟25床、一般急性期病棟47床、地域包括ケア病棟45床)

定款
生協概要 組合員数:29,967人
出資金額:15億1,323万円
(2022年11月1日現在)
支部数:37支部 
班数:430班
機関紙名:「東京ほくと」月1回発行
機関紙配布者数:1,433名(手配り配布率 89%)
組織運営
1)総代会(年1回 6月)総代300名
2)理事38名 監事5名
3)理事会(月1回)
次世代育成支援
「行動計画」

無料法律相談会

開催日と開催場所は、
東京ほくとからのお知らせ・新着情報を
参照してください(随時更新)

東京ほくと医療生活協同組合は、東京北法律事務所のご協力で無料法律相談会を開催いたします。相続、借地借家、債務整理など、民事に関わることの相談に対応いたします。東京ほくと医療生活協同組合の組合員(医療生協に加入されている方)が対象となります。相談にあたりましては、事前の予約が必要です。相談時聞は一人あたり45分程度となります。

  • 費用は無料です。
  • 継続して法律相談をされる場合は有料となる場合があります。
  • 利用できるのは東京ほくと医療生協の組合員です。
  • 完全予約制です。
  • 事前の予約が必要です。
    予約先(03)3927-8864(法人総務部)