誰もが安心して住み続けられるまちづくり

リハビリ部門のご紹介

東京都北区・足立区西部・荒川区を拠点に地域医療に力を入れている法人です。地域にお住まいの患者様が安心して暮らせるよう、急性期~生活期にわたり一貫した医療と介護の提供を目指しています。王子生協病院では入院・外来リハビリを中心に、法人内の診療所や訪問看護ステーションでは訪問リハビリ・通所リハビリを中心に展開しています。また、介護予防や転倒予防にも積極的に取り組み多彩な患者様のニーズに応えています。

事業所紹介

王子生協病院リハビリテーション課

入院では回復期リハビリ病棟、一般急性期病棟、地域包括ケア病棟、緩和ケア病棟の方に理学療法、作業療法、言語聴覚療法を提供しています。入院されて間もない急性期の方には治療と並行して身体機能ができるだけ低下しないよう、入院早期からリハビリをスタートします。病状が安定する回復期の方はご自宅への退院や復職に向けた積極的なリハビリを行います。退院してからも出来るだけ不安が少なく生活していただけるよう、ご家族や在宅生活を支える医療・介護スタッフとも連絡を取り合って退院支援を行っています。専門職としての技量を日々高め、より充実したリハビリテーションを提供できるよう、学習会やカンファレンスにも積極的に取り組んでいます。

理学療法(PT)

様々な疾患の方々に対して、急性期、回復期、維持期、終末期など幅広く関わっています。退院後の生活を想定し、公共機関利用の評価・訓練、生活習慣病予防指導なども実施しています。多職種との関わりを大切にしながら理学療法を提供しています。近隣地域の方々への運動指導など、保健予防活動にも積極的に取り組んでいます。

作業療法(OT)

退院後に患者様それぞれが重要と考える作業(日常生活動作、家事、仕事、趣味等)の獲得に向けて各患者さんの生活様式に合わせた訓練を行っています。また、東京都北区の活動として認知症初期集中支援事業や認知症カフェに参加し、近隣地域での認知症への課題にも取り組んでいます。

言語聴覚療法(ST)

話す・聞く・食べる・飲み込みに問題のある方に対して専門的な検査・評価・環境調整・助言を行います。病気や加齢による飲み込みの障害が出現した方には、嚥下造影検査(VF)を積極的に行っています。患者様の障害を評価し、その人その人に合った解決方法を他職種と一緒に検討していきます。病気の発症早期から、回復期・地域包括ケア・外来・訪問・緩和ケア等、患者様のそれぞれのステージでの生活を継続的に支えられるようリハビリテーションを提供しています。

通所リハビリテーション(鹿浜診療所・荒川生協診療所)

鹿浜診療所、荒川生協診療所の2施設で介護保険の通所リハビリや外来リハビリを提供しています。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がそれぞれの利用者様に適した個別のリハビリメニューを提案しています。一人一人の目標に合わせてパソコン練習・家事動作練習・屋外歩行訓練などにも取り組んでいます。また、リハビリの専門職がご自宅にお伺いし、家屋改修の相談や家庭でできるリハビリの指導も行っています。

訪問リハビリテーション(法人内6施設)

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が法人内の診療所・訪問看護ステーションで訪問リハビリを行っています。利用者様が実際に生活されているフィールドで、入院リハビリでは十分に出来ないより生活実態に即した具体的なアプローチ(生活リハビリやご家族へのアドバイスなど)をしています。

研修の取り組み

当法人では急性期・回復期・維持期の様々な場面での臨床経験を通して、広い視野で患者様へリハビリが提供できるよう研修を進めています。 入職1~2年目の方は指導を担当するスタッフと共に課題を1つ1つ確認しながら病院での臨床経験を積み重ねていきます。経験2~3年目では通所リハビリや訪問リハビリ研修を取り入れ、在宅リハビリ経験の導入を図っていきます。経験4年目以降では法人内ローテーションとして病院、診療所、訪問看護ステーションの人事異動を行っています。診療所や訪問看護ステーションでの在宅リハビリの経験は患者様の疾患や生活像を幅広くとらえる上で貴重な経験となっています。

セラピスト募集

募集職種 作業療法士、理学療法士(新卒・経験者)
雇用形態 常勤
勤務場所 東京ほくと医療生活協同組合 王子生協病院
所在地 東京都北区豊島3丁目4番15号
代表者 院 長  今泉 貴雄
施設概要 病床数:159床(急性期病棟、回復期リハビリ病棟、地域包括ケア病棟、緩和ケア病棟) 救急指定 リハビリ施設基準:脳血管Ⅰ ・ 運動器Ⅰ ・ 呼吸器Ⅰ 職員数 270名   (うちPT 32名、OT 13名、ST 8名)
診療科目 内科(呼吸器、循環器、腎高血圧、消化器)、心療内科、小児科、外科、整形外科、泌尿器科、皮膚科 その他(物忘れ外来、緩和ケア外来、禁煙外来)、人工透析
募集人員 作業療法士 理学療法士 若干名
採用方式 面接及び書類選考
提出書類 履歴書 (写真貼付・直筆) ・ 成績証明書 ・ 卒業 (見込み) 証明書 ※既卒者は履歴書と免許証の写し
給与関係 基本給 207,000円~322,600円 その他住宅手当、家族手当等支給 通勤手当:全額支給 賞与:年2回 定期昇給:年1回
勤務時間 8時45分 ~ 17時30分
休暇 4週8休制 ※回復期リハビリ病棟は月1回程度の休日勤務あり 月1回半日指定休日(2・5・12月を除く 夏期休暇(5日間) 年末年始休暇(6日間)、有給休暇、結婚休暇、慶弔休暇など
その他 研修制度あり 各種研修会、学会への参加の業務保障あり
勤務の特色 東京都北区・足立区・荒川区を中心に医療介護サービスの提供を行っています。王子生協病院では主に急性期~回復期の積極的なリハビリテーションを提供しています。法人内の診療所・訪問看護ステーションでは訪問リハビリや通所リハビリを通して生活に寄り添ったリハビリサービスを提供します。入職後の研修は指導担当者とひとつひとつ課題を確認しながら進めるようにしています。また、幅広い視点を持ったセラピストを目指すために、急性期~在宅リハまで様々なシーンを経験できるよう定期的なチームローテーションを行っています。
その他 子育てしながらも長く働いていただける職場を目指しています。ぜひご相談ください。
交通 JR京浜東北線 および 東京メトロ南北線 王子駅よりバス3分 又は 徒歩15分
問い合わせ先 ► 連絡先:王子生協病院  リハビリ課 松浦 まで ► 電  話:03(3912)2201 ► E-mail:hironori_matsuura@tokyohokuto.or.jp 見学を随時受け付けております。詳細につきましては電話にてご連絡を下さい。

スタッフへのインタビュー

Q. 一緒に働くスタッフにどんなことを期待していますか?

A. まずは患者さんや一緒に働く仲間に誠実であることです。信頼関係あってのリハビリなのでコミュニケーションや協調性を大切にしています。それから、患者さんを疾病だけでなく、その方の個性や生活背景を一緒に考えながら一緒に地域医療や在宅リハを支えてくれることを望んでいます。

リハビリテーション課長 松浦広典さん

Q. 子育てをしながらの大変なことや頑張っていることを教えてください。

A. 育児休暇から復帰して2年目になります。まだまだ子供の急な発熱でお休みしたり、早退をせざるを得ない日もありますが、職場の方々の理解と協力のおかげで、本当に助かっています。子育て世代も多い職場なので、昼休みには先輩ママ達に相談したりアドバイスを貰うこともあります。ママになっても働きやすい職場だと実感しています。

言語聴覚士 藤田睦さん

Q. 就職して2年目になりますが、がんばっていることなどを教えてください。

A. 毎日があっという間に過ぎています。入職してから担当する患者さんが少しずつ増えていくため、まずは目の前の患者さんの状態を把握し適切な治療ができるように日々努めています。今後は自分の目標に向かって、理学療法士としても人としても大きく成長できるように頑張っていきます。

理学療法士 志村侑哉さん

Q. 他の病院を経験して当院に就職しましたが、働いてみての感想を教えてください。

A. 私は結婚を機に東京へ転居してきました。王子生協病院は地域に根ざした病院であり、地域の方々との交流を密にしている点、穏やかな地域柄に惹かれ転職を決めました。外来リハビリや訪問リハビリ、通所リハビリ等の様々な病期のリハビリが経験することができて良かったと思います。スタッフは皆患者様を第一に考え、スタッフ同士の仲がとても良くお互い助け合える温かい職場だと感じています。

理学療法士 小野麻衣さん

Q. 通所リハビリや訪問リハビリのやりがいを教えてください。

A. 在宅リハビリは日常生活を支援するため、利用者ごとに衣食住の環境があり、人間関係があります。長期間に渡り関わり続けることが多く、知り合う多職種との関係性も大切になります。私が利用者の人生にセラピストとして向き合える時間は限りありますが、人生はその先も続きます。リハビリをしていて楽しい、体が少しでも楽になる、食事が安全に摂れる、着替えられるなどの経験を通して、生涯リハビリ時に前向きに取り組めるよう意識しています。私自身もリハビリを楽しみ、じっくり向き合わせてもらっています!!

理学療法士 田崎努さん