誰もが安心して住み続けられるまちづくり

汐入診療所

汐入診療所2

診療変更のお知らせ・他

 汐入診療所は汐入公園が前に開け水神大橋のそばにある、高層住宅の1階にあります。
東京ほくと医療生協の診療所で、玄関にある大きな虹のマークが目印です。玄関からみる風景がとてもさわやかです。
 平成5年5月医療生協の診療所として開設し、地域に定着した医療活動を行っています。所長の含めた数名の常勤医師が家庭医として小児から高齢者まで幅広く診療を行っています。また小児科・整形外科は非常勤医師の協力を得て診療しております。看護師は3名、事務2名、運転手3名のスタッフです。夜間診療は週2回行っています。毎日送迎車を運行しており、車椅子の方や小児・具合の悪い方に気軽に利用してもらっています。診療所に来られない方の定期往診や急病の方の臨時往診も行っています。また、中国語を話せる看護師がおりますのでお気軽にご相談ください。

概要

診療所名 汐入診療所
住所 〒116-0003 東京都荒川区南千住8-10-3-101
連絡先 TEL.03-3807-2302 /FAX.03-3891-2659
インターネットからのお問い合わせ
所長名 村山 慎一
診療科 内科、整形外科、小児科、在宅医療
診療時間 午前:9時~12時
午後:2時~4時30分
夜間:5時30分~7時30分
アクセス

所長のごあいさつ

 所長の村山慎一です
内科研修以降、家庭医療の専門医所得のために小児科から高齢者医療・緩和医療・救急外来などで経験を積み、高齢化社会や医療変化に対応できるよう在宅診療へも積極的に取り組んできました。生活背景や家族、地域社会も視野に入れて、以下の課題に取り組み地域のニーズに応えるよう日々診療にあたりたいと考えております。

  • 様々な疾患の初期対応や慢性疾患中心の継続的な医療に力を入れていく。
  • 医療・介護の両面より、地域包括的ケアも重点課題として取り組んでいく。
  • 診療所で対応困難の場合には急性期病院・専門施設との医療連携を行なっていく。

健康のこと、何か身体の具合悪いとき、介護で困っていることなどお気軽に相談いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

8月の診療案内

7月から区民健診が始まりました。受診表と保険証をお持ちになり、早めに受けましょう。期限は11月末迄です。
今月から伊藤友紀医師(女性医師)が水曜日、金曜日、土曜日に診療しています。
8月は夏休み等の関係で整形外科は第1、第3、第4の火曜日(22日)となっております。

初診申込書を記載していただき、保険証と一緒に受付にお出しください。
組合員の方は、組合員証もご提示ください。

受付で「新患カード」を書いていただきます。 なお、予約外来はおこなっておりません。受付順になりますので、待合室で待つのがつらく具合が悪い場合は受付にお申し出ください。

 

※第3木曜日の午後は休診です。
※定期往診:午前=金。午後=月、火、水、木、金
※整形外科は第1,3,5の火曜日です。
※9月5日、9月19日両日18時より乳癌検診を行います。エコーと触診での専門医による検診です。費用は2,000円です。予約は診療所に電話でお申し込み下さい(TEL3807-2302)。11月にも2回の検診日を設けています。

送迎サービス

診療所のドライバーにより自宅・診療所間の送迎のサービスを行っております。小型車の後方は、車いすのままの乗車が可能になっています。

診療のご紹介

訪問診療 (在宅往診)

 「通院が困難な方」へのお宅や入所施設への訪問をいたします。王子生協病院をはじめ、他の診療所と連携した24時間対応の可能な在宅医療機関として『在宅療養支援診療所』の届けを行っております。

  • 認知症が進んできて、体力が弱ってきて通院が難しい。
  • 急な入院で治療を受けたが通院ができなくなった。あるいは現在入院中だが病状が安定したため在宅での療養を希望している。
  • 癌の末期であるが、最期は自宅で過ごしたい。

 在宅での点滴治療を継続希望される方、人工呼吸器や胃瘻造設をしている方、褥瘡のある方など特に不安や希望のある方はご相談ください。ケアマネージャーや訪問看護ステーション、訪問介護事業所とも連携し、必要な医療・介護サービスを受けつつ、住み慣れた地域で安心してその人らしく生活を送れるようにサポートしていきます。終末期医療は王子生協病院に緩和ケア病棟があり、日常的に連携をしております。

 費用は医療保険、介護保険が適応され、通常の外来診療と同じような一部負担があります。訪問診療のご依頼・ご相談はいつでも診療所の窓口で行っています。
 相談お電話は毎日9時から5時まで。
 担当:看護師長 鈴木(03-3807-2302)

疾患と医療内容

訪問診療費用

巻き爪

 当院では巻き爪に対して、マチワイヤーという超弾性ワイヤー(形状記憶針金)を用いた治療法を行っています。
 2mm
程度伸ばした爪に2つの穴をあけワイヤーを通して固定して、この状態で12ヶ月爪を伸ばしていき徐々に爪を矯正していく治療法です。初回受診時には巻き爪の状態の評価に加え、足白癬・外反母趾などの有無、並行して治療が必要な糖尿病などの全身疾患の有無など問診・評価も行います。

 村山所長が主に治療にあたっています。お電話で時間を確認してください。

 チワイヤーによる治療は安全で効果のある治療法ですが、残念ながら今のところ保険による治療として認められておらず自費診療の対象で治療費用が下記となっています。
〈初回診療〉マチワイヤー代・専用ボンド代・処置料を含む  5,250
〈再診〉 診察のみ  2,100
マチワイヤー交換  4,200

詳しくはこちら

禁煙外来

 タバコをやめたくてもなかなかやめられない方、禁煙したことがあるが失敗したといった経験のある方は、多くいらっしゃると思います。禁煙はなぜ難しいのでしょうか?タバコをやめられないのは決して「意志が弱い」からではなく、「ニコチン依存症」という治療の必要な病気だからです。
 禁煙外来では、ニコチンパッチ(貼付剤)やチャンピックス(内服薬)を使用することにより ニコチンの禁断症状を一時的に抑えてやさしく禁煙出来るような治療を提供しています。
 当院では2008年10月より保険診療による禁煙治療を行っています。治療期間は3カ月となっており、5回の診療スケジュール(初回・2・4・8・12週)に沿って治療を行います。治療は一定の条件を満たした喫煙者なら、どなたでも受けることができます。禁煙されたいとお考えの方は、診療所にご相談下さい。

禁煙チャレンジャーについて
荒川区では禁煙外来治療にかかる費用の一部を助成する制度があります。

健康診断・予防接種